ベルタ葉酸サプリ 薬局

ご存知ですか?プレママとビタミンAのちょっとビミョーで大事な関係

 プレママにとっての関心事は、いつも「おなかの赤ちゃんに優しいものかどうか」。
 自分が食べたいものよりも、赤ちゃんの体にいいものをと日々の食事を一生懸命頑張っているプレママも多いはず。食べるものには特に気を使って過ごしている、という妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

 

 マタニティ食を考える際に、一番重要視したいのが「栄養素」
 特に妊娠初期には、摂取した方がいい栄養素、摂取を控えるべき栄養素のキーワードがたくさん出てきて、食事つくりにも一苦労…というお悩みもよく聞きますね。
 その中でも、特に関心を集めているのは「ビタミンA」ではないでしょうか。

 

■妊娠中に、ビタミンAはいる?いらない?

 

 妊娠初期にビタミンAを摂取しすぎると、胎児が奇形を持って生まれてくる可能性が高くなるために、その摂取量には特に注意すべき栄養素だといわれています。

 

 ですが、ビタミンAそのものは妊娠時にも必要な栄養素。
 赤ちゃんの上皮・器官・臓器の成長を助ける働きがあり、摂取のしすぎを心配して全く取らないでいると、逆に赤ちゃんの発育を妨げてしまうことになります。

 

 しかも母体にも夜盲症や角膜軟化賞などの病気が発症する恐れがあり、厚生労働省が提唱するビタミンAの食事摂取基準では、妊娠時には通常時よりもむしろ多く摂取することを推奨しています。

 

 とりすぎてもだめ、とらなすぎてもダメ。ビタミンAは取った方がいいの?取らない方がいいの?と混乱しているプレママも多いはず。

 

 ここで、気をつけなくてはいけないのはビタミンAの種類。実は、ビタミンAには大きく分けて2つの種類があるのです。

 

■プレママ必見!ビタミンAの2つの顔

 

 ビタミンAは、大きく「レチノール」「ベータカロチン」の2種類に分けられます。その違いは、「動物性」「植物性」
 摂取を控えなくてはならないのは、動物性の「レチノール」。積極的に摂取する必要があるのは、植物由来の「ベータカロチン」のことなのです。

 

 ひとくくりに「ビタミンA」と言われてしまうと、控えたらいいのか摂取した方がいいのか悩みどころですが、「レチノール」を控えて「ベータカロチン」を多めに取ると考えれば分かりやすくなりますね。

 

レチノールが多く含まれるもの  うなぎのかば焼きバター生クリームなど
ベータカロチンが多く含まれるもの  緑黄色野菜など

 

 けれど、体調も安定しない妊娠期。各食材の栄養素を細かくチェックしてお料理をしたり、体調管理をすることはなかなか難しいもの。しかも植物性のベータカロチンを、食材で摂取しようとするとホウレンソウ2束、ブロッコリー2房などととんでもない量を提示されてしまいがち。一回の食事だけなら何とかなりますが、毎日ホウレンソウを2束なんてとても食べられませんよね。

 

 その上、貧血の強い味方であるレバーには100gあたり14000μgのレチノールが含まれていて、貧血予防にレバーを食べようとするとこれまた過剰摂取に繋がってしまいます。食材だけで必要な栄養素を、確実に補い、しかもとりすぎを予防するのはなかなかの至難の業。

 

 そこでプレママ達にオススメしたいのが、サプリでの栄養補給。その中でも特にオススメなのが「ベルタ葉酸」です。

 

■「ベルタ葉酸」って?

 

 そもそも「葉酸」は、妊娠中にぜひ取ってほしいといわれている必要栄養素。
 ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、または納豆・海藻類などに多く含まれています。赤ちゃんが成長するためにお腹の中で行う細胞分裂の手助けをしてくれる「葉酸」、厚生労働省も妊娠中に摂取してほしい栄養素として広く周知をしているのです。

 

(前略)厚生省では、本報告書をもとに検討した結果、神経管閉鎖障害の発症が葉酸の摂取不足のみから生じるものではなく、葉酸摂取は神経管閉鎖障害の発症に関する一因子であるという観点から、我が国において葉酸の摂取により神経管閉鎖障害の発症リスクが低減する確実な証拠があるとはいいがたいものの、葉酸の摂取により一定の発症リスクの低減がなされるものと考えられることから、現時点で得られている妊娠可能な年齢の女性等の葉酸摂取による神経管閉鎖障害のリスク低減に関する科学的な知見について正確に情報提供を行うことが必要と判断し、当面の間、別紙「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る情報提供要領」に基づく方策を保健医療関係者等を通じて広く一般に周知することとした。” 
 引用:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について
 http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

 

 緑黄色野菜には植物由来のビタミンAが豊富に含まれているため、葉酸もベータカロチンもとりたい妊婦さんにはオススメの食材。ですが、お野菜ばかりをたくさん食べるのも大変で、しかもその準備に時間がとられがち。
 そこで、葉酸とビタミンAを調整しながら確実に摂取できる「ベルタ葉酸」がオススメなのです。

 

■ベルタ葉酸とビタミンA

 

 ベルタ葉酸に含まれるビタミンA(もちろん植物由来です)は、1粒当たり0.6μg。1日4粒を目安に摂取することになっているベルタ葉酸なら、4粒で2.4μg。過剰摂取にはならず、しかも必要な『植物由来のビタミンA』が含まれているので、ベルタ葉酸を飲んでいれば、後は普通の食事をしていてOK。
 そして何より、妊娠中に必要とされている葉酸もしっかり摂取することが出来ます。

 

 レバーのように特に多くのビタミンAが含まれている食材には注意が必要ですが、ベルタ葉酸を摂取することで栄養素に神経を使い過ぎる心配や不安はずいぶんと解消されます。ただでさえ、妊娠中はあれこれと気がかりが多いもの。プレママの不安や負担を取り除くべく、ベルタ葉酸は食事面で心強いサポーターになってくれるはず。

 

 赤ちゃんがお腹の中で健やかに成長するためには、お母さんの日々の食事が何よりも大切。お母さんにも無理がなく、そして赤ちゃんの成長のためにも、プレママの皆さん、ベルタ葉酸をお試ししてみてはいかがですか?

 

ベルタ葉酸サプリ公式サイト
↓↓↓
https://belta-shop.jp/